任意保険料は通販型がやはり安い

軽自動車の任意保険は普通車よりも割安だというイメージが一般的のようです。

でも、この軽自動車は保険が安いという先入観が落とし穴になるかも知れません。

軽自動車の任意保険の相場を保険会社ごとに比較すると
各社の保険料の違いの大きさに驚かされます。

◇軽自動車の保険料 比較例◇

AAA損保   31,620円 (代理店型)     CCCダイレクト  18,910円 (通販型)
BBB海上  28,930円 (代理店型)     DDD損保    16,670円 (通販型)

【条件】10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満
対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし
軽自動車 任意保険 相場

同じ車種で同じ加入条件なのに最大で約1万5千円の差になっています。

率で約90%高ですから、ほぼ2倍に近い差があるということです。



このような軽自動車の任意保険の相場の違いを知らないままだと、
せっかくの軽の維持費の安さが任意保険で損なわれているかもしれません。


一括見積もりは任意保険料の相場を知るためのとても強力なツールです。
一括見積もりで各社を比較する軽自動車ユーザーが増えています。


経済的な軽自動車だからこそ最適な任意保険にしたいものです。



※無料一括見積もりサービスは利用も簡単です。
手許に免許証、車検証、保険証券を準備し、5分~15分程度で入力完了です。
利用後の電話勧誘などの心配もなく安心して利用できます。

安い通販型はいざというとき大丈夫?

軽自動車 任意保険料

一括見積もりで一度各社の任意保険料を比較してみてください。

軽自動車の任意保険料の比較を行うと、通販型各社が軒並みに安くなっていることがわかります。

自動保険事業はすべて国の認可事業であり、保険料体系も含めて金融庁から厳格な審査、認可をうけています。

つまり通常の商品とは異なり「安かろう、悪かろう」という保険事業は日本の認可・監督制度の下では基本的にありえません。

むしろ、省略した中間コストをサービスの充実に当てるなど、通販型には代理店型にはないメリットがあるのも事実です。


◆中間経費を省き保険料の安さとサービスの充実を実現

通販型は代理店等の中間コストを省くことで保険料の安さとサービスの充実を実現しています。
「24時間365日対応の代理店」というのは聞きませんが通販各社は24時間365日の事故受付が当たり前です。

また、事故直後の初期対応※も通販全社が365日の対応になっています。
(※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院・警察等連絡・修理工場手配など)


◆事故対応は保険会社が直接行なうのは通販も代理店も同じ

「事故の時は代理店の方が安心」
ネットに多いこのような言い方は、代理店が事故対応を行うようなニュアンスを含んでいます。

実際には、事故時の代理店の仲介やあっせん行為は法令違反なので行われることはありません。
代理店型のメリットはあくまでも保険のプロから「アドバイス」が受けられることです。

問題は代理店の90%が副業のアマチュア代理店だということです。
ネット等で「代理店探しが重要」と言われるのはこういう背景があるからです。


「代理店探し」の心配が無く均一なサービスを期待できるのが通販のメリットです。
このメリットは例年の満足度調査の結果で裏付けられています。


一括見積もりなら、メリットの多い通販型の中から最安の任意保険を見つけることができます。


一括見積もり利用者の口コミ

軽自動車の任意保険選びに一括見積りを利用する人が増えています。

任意保険の更新時期に毎年一括見積もりを利用し最安を探す人も増えているようです。


一括見積もりのパイオニア、保険スクエアbang!の利用者はすでに220万人を超え、
インズウエブにいたっては450万人を突破しています。

この利用者の多さが何よりも一括見積もりの信頼と安心を物語っています。
一括見積もりはまさに任意保険料比較のためにあるような無料サービスと言っていいでしょう。

でも、ネットでの見積りがちょっと不安な方もいるかもしれません。

補償内容は比較できるだろうか。

入力が面倒じゃないだろうか。
無料のロードサービスの比較が分るだろうか。
利用後に電話勧誘があるんじゃないだろうか。

まずは一括見積り利用者の体験談や口コミをご覧ください。



自動車保険の等級 引継ぎは心配ない

自動車保険の見直し、切り替えを行う場合、等級(ノンフリート等級)が引き継がれるかどうかを心配する方が結構多いようです。


結論は、軽自動車の任意保険の見直しを行い保険会社を乗り換える場合でも、等級は間違いなく引き継がれるということになります。

任意保険の保険会社を替えても、再び新規加入時の6等級に逆戻りしてしまう心配はありません。


等級制度(ノンフリート等級制度)は、自動車保険を取り扱うすべての損保会社が統一的に取り扱っており、軽自動車任意保険加入者も含めて加入者の保険証券の契約番号は各保険会社共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ、各保険会社は自社の軽自動車の保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

等級が引き継がれないとしたら保険会社を替えるたびに6等級からスタートすることになり、いくら切り替えを勧めても意味が無いことになります。

軽自動車の任意保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。



●軽自動車の任意保険料をお調べなら一括見積もりをお試しください。

軽自動車の任意保険料の相場を知るなら自動車保険の一括見積もり【無料】がおススメです。

一括見積もりは一度の入力で複数の保険会社の見積もりを一覧つきで取り寄せることができます。

各社の自動車保険を同条件で比較することにより最適、最安の保険が見つかります。

軽自動車は燃費がいいというだけでなく、車輌価格、税金などの維持費などが経済的で、エコロジーとエコノミーを両立するクルマでです。

中でも軽自動車の任意保険の相場は普通車から見れば安いので、割安の保険料で済んでしまいます。

保険料が安いだけにどの自動車保険に加入しても保険料があまり変わらないんじゃないかと思いがちになります。

でも、一度見積もり比較を試してみることをおすすめします。

いくつかの保険会社の任意保険の相場を比較してみるとその違いの大きさに驚きます。

加入条件が同じでも保険会社によっては年間保険料が2倍近くも違ってしまうこともあります。

このことを知れば、軽自動車とはいえ、その任意保険料の違いを無視することはできません。

軽自動車の任意保険の場合も見積り比較をすることによって、保険料をかなり節約することができるかもしれません。

任意保険の更新時には、ぜひ1度、自動車保険の見積り比較をしてみることをおすすめします。

このページの先頭へ