任意保険一括見積もりの利用の流れ

軽自動車 任意保険 見積もり

一括見積もりは、軽自動車の任意保険の場合も普通車の場合と利用方法の違いはありません。

◇前もって手もとに準備するもの
  免許証、車検証、現在加入の保険証券


◇入力はおおよそ次のようになります。

●車の登録年月 、メーカー名、車名、型式、保険加入状況、所有者、使用目的

●年間走行距離、運転地域、エアバック、改造の有無、陸運支局

●等級、現在の補償、現契約の満期日、現契約の保険会社

●現契約保険金請求事故回数、基本情報(住所、氏名、年齢など)

●運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)


※入力項目が多いように見えますが現実には最短で5分程度、長くても15分くらいで入力できます。
軽自動車の任意保険であっても、車両保険はどうするか、特約はどうするかなどの基本的な事柄についてはあらかじめ決めておいた方がいいでしょう。


◇メールあるいは郵送で見積もりが届く

入力を確認し申込が完了すると、メールの場合は1日程度、郵送の場合は2日程度で見積が届きます。
まずは一覧で全体を比較して絞り込んでから候補社の詳細な比較・検討を行えばいいでしょう。


一括見積もりの効果的な利用

軽自動車 任意保険 見積もり

軽自動車の任意保険の場合も、一括見積もりを利用する時は前もって手もとに免許証、現在の保険証券、車検証を用意しましょう。

入力項目について事前に眼を通し、必要であればメモをしておけばスムーズに入力が進むでしょう。


ポイントは、車両保険をどうするのか、そのタイプはどうするのか、特約はどうするのかなど、加入条件の基本的な事柄を事前に決めておくことです。

予算枠があるのであればそこから調整をしていけばいいでしょう。


任意保険料の金額だけでなく、
・各社の保険料はどのような差があるのか
・自分の加入条件で一番安いのはどこなのか
・今の保険より安くなるのはどこなのか
などをまず把握することが一括見積もりの効果的な利用の仕方でしょう。


自動車保険を扱う保険会社は20社を超えていることから、
・インズウェブ(最大20社)
・保険スクエアbang!(最大17社)
など提携する保険会社数の多い一括見積もりが人気です。

無料サービスの一括見積もりを積極的に活用し納得の保険選びを!


見積もりの各社比較で維持費節約

軽自動車のメリットはなんと言ってもその経済性でしょう。


燃費だけならHVなど軽自動車を超える車も出ていますが、
軽自動車は税金や自賠責保険なども含めた維持費の安さが魅力になっています。

だからこそ軽自動車の任意保険は価格にこだわりたいものです。

任意保険が他社より1万円も2万円も高かったりすると、せっかくの軽自動車の経済性が台無しになるかもしれません。


・軽自動車の任意保険に新規に加入するとき、
・ディーラー等のおススメの任意保険がしばらくそのままになっているとき

など、ぜひ一括見積もりで各社の比較を行ってみてください。

軽自動車の任意保険選びこそ一括見積もりが欠かせないといってもいいでしょう。


各社の見積もり比較を簡単・安心に

保険の自由化によって選べる自動車保険が増え、軽自動車でも多数の保険会社の中から自分に合う任意保険を選べるようになりました。

しかし、選べる任意保険が増えた分、各社の任意保険を比較・検討する作業は大変になりました。

20社以上もある損保会社の見積もりを1社ずつ取り寄せて比較するのは不可能に近いでしょう。


自由化以後自動車保険一括見積もりの利用者が増えているのは、このような状況の変化があったからです。

今では、納得の任意保険選び、中でも軽自動車の任意保険選びには一括見積もりが欠かせないサービスになったといえるでしょう。

一括見積もりを利用すれば、見積もり条件を一度入力するだけで、各社の見積もりを同じ条件で比較することができ、自分が求める内容の保険を契約するにはどこの商品が最も価格が低いのかなどを短時間に知ることができます。


また、各社の見積もりの内容や割引の仕方などを比べてみれば、各保険会社によるリスクの区分の考え方や特約の設定の考え方など、各社の自動車保険の特色をうかがい知ることもできるでしょう。

見積もりサイトには自動車保険料のしくみ、任意保険選びのポイント、自動車事故体験者の声など、貴重な参考情報が盛りだくさんで、大変勉強になります。

軽自動車の任意保険選びこそ、一括見積りを上手に活用するべきでしょう。


軽自動車の維持費の中で任意保険はかなりの負担になります。

保険代理店経由だと年間10万円を超える任意保険料も珍しくありません。

毎年払わなければならない高額商品なのに、見積もり比較もせずにディーラーなど保険代理店の言いなりになり勝ちなのはなぜでしょうか。


確かに自由化の前までは自動車保険は各社横並びで選択の余地がありませんでした。

でも今は、数多くの商品から自分の眼で見、考えて最適の保険を選ぶことができます。

それでも毎年内容も調べずに高額な買い物を続けるのは保険くらいなのかも知れません。


ネットでは「通販は自分で勉強が必要ですよ」という代理店関係の方と思われるコメントが多いですが、毎年の高額な商品の勉強をしない方がおかしいのです。

代理店など従来型保険側にとって「勉強されると困る」ということなのかも知れません。


「自動車保険=高額商品」のイメージをしっかり持つべきではないでしょうか。

そして新顔である通販型への中傷や偏見から抜け出しましょう。

通販型の方が全体的に満足度で勝っていることは各種の満足度調査の結果が証明しています。

このページの先頭へ